施工事例 ―川島織物セルコンのカーテン―

 先日、某様邸のカーテンを掛けに行きました。

 打合せの段階では、サンゲツ、東リ、スミノエ等色々なカタログを見て頂いたのですが、気に入られたのが川島織物セルコン。

 

 川島織物セルコン(以下 川島)は、お着物が好きな方には“川島の帯”で有名なメーカーでもあります。

 

 その川島のカーテンを全室掛けて頂いたのですが、

リビングに掛けた、黄色いドレープカーテンと白色のレースカーテンがとても美しかったです。

 

 ドレープカーテンは、上品で華やかな色合いの黄色。密に織られた生地はしなやかでしっとりとした触り心地。

 天井高が高めでカーテン丈が長いのですが、ソフトウェーブ(形状安定加工)をかけた仕様にした為、閉めた時は美しいドレープが現れ、束ねた時も裾が広がらずすっきりとまとまりました。

 

 レースカーテンは、細かいヨコ段調のナチュラルなシアーカーテン。

 また、外からの視線と床材の日焼け防止をご希望されUVカット機能と遮像機能を持ったカーテンで、さらに、当たった光が生地を通過して拡散し部屋の中を明るくする「採光拡散」の機能を備えているものを使用しました。